読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記というもの

日記というものは概して面白くない。

そんなことは誰にでもわかりきっている。日々奇想天外なことが起こる人生なんてありえない。

 

昔、テキストサイトの管理者は、毎日面白い文章を書こうとして、疲弊した。

もしそれができるなら、今でも侍魂だってちゆだって続いているだろう。

 

面白い文章が書ける人だって疲弊して辞めていく。

そんななか、おそらく、LLLのひとびとのブログだって、非凡な才能がある人は少ないだろう。

知らない人間の日常を綴った日記をみて、楽しめるか。

 

否、楽しめないだろう。

僕は長いこと昔日記サイトをやっていたが、それは小さいコミュニティで日記サイト同士の交流があったからだ。

知り合いの挙動なら、日記を追うという労力を厭わない。

その人のことを知りたいからだ。

 

LLLというコミュニティはどうか。

そんな密な間柄ではないだろう。

つまり、知らない人の日記なんて特記すべきほど面白くなければすぐ読むのを辞めてしまうだろう。

そして、非凡な面白い文章を書ける人はいないだろう。それがいたらすでにそんな職業につけるはずだ。

 

おもしろい文章もかけない、ただの人、というブログ集を、

書く方もいつまで続けられるのか、という問題もあるが、

読む方もいつまで読んでくれるのか。

読んでくれる人がいないコンテンツを書き続けられる人はそうそういないと思う。

 

えーと

オチが思いつかないのです。

もういいです。